teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
  2. 闇怪盗ロワイヤルのご案内(0)
  3. 裏怪盗ロワイヤル(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


同人誌評

 投稿者:ひわき  投稿日:2019年 4月19日(金)15時58分1秒
  2019年4月18日 (木)付「文芸同士会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

同人雑誌季評「季刊文科」第77号(3月31日発行)谷村順一氏
自分というキャラクター
≪対象作品≫
望月なな「おしなべてまりか」(「mon」vol.13・大阪府)/和泉真矢子「まねき食堂」(「メタセコイヤ」第15号・大阪市)/岩崎和美「主婦Kの日記」(「浮橋」第2号・兵庫県)/伊藤宏「波が教えてくれた」(「樹林」vol.646・大阪府)/猿渡由美子「うらからやから、そしてウチムラ」(「じゅん文学」第98号・愛知県)=本誌転載作品/曹達「炎」(「浮橋」第2号・兵庫県)/おのえ朔「ミフユさん」(「せる」第109号・大阪府)/猿川西瓜「五百万円」(「イングルヌック」第4号・大阪府)/小石珠「白い花」(「P.Be」NO.5・愛知県)/山岸とみこ「ナベを買う」(「こみゅにてぃ」第103号・埼玉県)。

http://hiwaki01.sakura.ne.jp/

 
 

受贈御礼

 投稿者:ひわき  投稿日:2019年 4月18日(木)14時51分27秒
  「日曜作家」第26号(大阪府茨木市)を戴き、ありがとうございます。今号は小説4編と連載小説2編のほか詩、エッセイ、連載エッセイ、作家論、紀行文を掲載。今号から編集部の入れ替えや会員制度の変更などをされています。平成25年の創刊以来、月4回の発行を守って来られました。創刊号は小説3編のみを掲載。以降、号を重ねる毎に厚みを増して今号は14編の作品が並んでいます。現在の文壇に一石を投じるべく全国展開を目指して創刊された同誌は、受け取る度に大原正義編集代表・発行人の熱意を感じます。毎年、年頭に紹介ページの記載変更をお知らせくださり、当HPの反響などもこまめにお伝えくださいます。開設者として頼もしい存在です。今後ますますのご発展を期待しております。紹介ページを更新しましたので、ご確認ください。

http://hiwaki01.sakura.ne.jp/

 

受贈御礼

 投稿者:ひわき  投稿日:2019年 4月14日(日)15時03分19秒
  紹介する2誌を戴き、ありがとうございます。

●「木想」第8号(大阪府堺市)は短篇1編と詩、エッセイを掲載。「あとがき」(Yさん筆)に40数年のブランクの後に再び詩に向き合うことになった、と記されています。切っ掛けは当誌発行に際して声を掛けられたとのこと。お互いの作品に対する信頼あっての「ふたり誌」です。こんなのもいいですね。

●「季刊午前」第57号(福岡市博多区)は小説5編と評論、エッセイ、詩に加えて「追悼・鹿野至さん」を掲載。特別企画として「平成 思い出の場所」を組んでいます。特集には評論、小説、詩とジャンルを超えた作品が寄せられています。

http://hiwaki01.sakura.ne.jp/

 

有り難うございました

 投稿者:晃章  投稿日:2019年 4月10日(水)09時21分4秒
  「穴生文芸」49号の6日付のご紹介有り難うございました。新しいURAへたどり着くのに暇が掛かりました。
文芸同人誌の中に、演歌の歌詞はなじむのかなと、思っていましたら、お目に届いて嬉しく思いました。以前の号に載っている随筆「だいじょうぶよ」が歌詞のモチーフです。随筆の中の語句が歌詞の中に随所に出てきます。ありがとうございました。
 

onさんへ

 投稿者:ひわき  投稿日:2019年 4月 7日(日)12時02分39秒
  評の書き込みをありがとうございます。当HPの「同人誌評」にストックしました。

先日、地方の文学事情に詳しい研究者の方にお会いする機会がありました。当方でストックしている「同人誌評」を活用しておられるとのこと。地方の同人誌作家について調べる際に「よく、見ますよ。これからも続けてください」と言われました。とっても、うれしかったです。

http://hiwaki01.sakura.ne.jp/

 

毎日新聞「同人誌季評」

 投稿者:on  投稿日:2019年 4月 6日(土)21時55分7秒
  投稿者:on 投稿日:2019年4月6日(土)
「毎日新聞」03月24日(日)朝刊「同人誌季評〈小説/1~3月〉」古閑章氏筆
 題「再生/一期一会の大事」
鷲津智賀子さん「今年の秋」(「火の鳥」第28号)上村小百合さん「潮風の便り」(「火の鳥」第28号)小河原範夫さん「ガンバッテ、生徒会」(「ガランス」第26号)武村淳さん「天井の花びら」(「詩と真実」第835号)右田洋一郎さん「ブロンド」(「詩と真実」第836号)くまえひでひこさん「雅羅馬」(「長崎文学」第89号)箱嶌八郎「ほくろ」(「九州文学」第44号)佐々木信子さん「ヤマガラの里」(「九州文学」第44号」)今給黎靖子さん「華は東方で咲きたい」(「九州文学」第44号)木澤千さん「本望」(「九州文学」第44号)
 このほか、属識身さん「インパン」(「文芸山口」第343号)立石富生さん「てんぷら、つくる?」(「火山地帯」第195号)有村信二さん「白い秋」(「海」第21号)中野薫さん「巡査の恋」(「海」第21号)山田キノさん「美しき景色」(「海峡派」第144号)西村宣敏さん「雪の記憶」(「海峡派」第144号)
 

受贈御礼

 投稿者:ひわき  投稿日:2019年 4月 6日(土)11時48分57秒
  紹介する「穴生文芸」第49号(北九州市八幡西区)を戴き、ありがとうございます。
今号は小説3編と童話、紀行文、短歌、詩、歌詞、俳句、随筆、自分史などを掲載。歌詞「だいじょうぶ傍にいるから」に目が行きました。大貝晃章さんの作詞です。作曲は「未定」、唄は小田和子さん(新人)と書かれています。ご夫婦が共に寄り添って来られた長い月日と心情が歌われています。紹介ページを更新しましたので、ご確認ください。

http://hiwaki01.sakura.ne.jp/

 

感謝とお願い

 投稿者:ひわき  投稿日:2019年 4月 6日(土)11時39分39秒
  当HPの移行では、ご迷惑をお掛けしました。この掲示板に書き込んでくださった方やメールをくださった方がたに感謝いたします。
加えて、みなさんにお願いがあります。「全作家協会事務局」のように、リンク先の変更をお願いします。また同人誌の発行時に、どこかに書き添えてくだされば有り難いです。
これからも、どうぞよろしくお願いします。

http://hiwaki01.sakura.ne.jp/

 

御連絡ありがとうございます。

 投稿者:和田信子  投稿日:2019年 4月 2日(火)22時44分49秒
  大変な作業だったようですが、これからもよろしくお願い申し上げます。  

URL変更連絡の御礼

 投稿者:全作家協会事務局  投稿日:2019年 4月 2日(火)16時29分17秒
  お世話になります。
URLの変更のご連絡をいただきありがとうございました。
さっそく弊会サイトのリンク集のアドレスを変更いたしました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

http://http://zensakka.world.coocan.jp

 

レンタル掲示板
/230