teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ホントに私ですか?

 投稿者:JA7IFT・永井  投稿日:2018年 5月22日(火)20時31分37秒
編集済
   この写真、ほんとに私ですか?
何を隠そう、この写真は実はJA7IFT exJA1SMO、半世紀前のご本尊そのものです。

 それにしても懐かしい。アレから半世紀、やはり劣化は免れません。頭の毛はなくなり写真を撮るためフラッシュを使うと写真写りは頭の毛は映らず頭皮だけ光を反射して写る位まで劣化しています。恐らくモンタージュ写真もこの頃とは似ても似つかない人相になってるようです。hi

 移動運用の写真も懐かしい。向かって左端のスターSR550、この受信機は多分私のものとおもいます。それから真ん中あたりの写っているシャシーに小さいメーターが付いているものはこれも間違いなければ私のもので807×2の変調器です。それからこの変調器と組み合わせて使用する終段部分があるはずですがこの変調器とSR-550との間にあるのが終段部分とおもい思いますが定かではありません、また上段にあるVFOも多分、もしかしたら私のものかも。
この変調器を作った時にクリスタルマイク繋ぎで時計の音が聞こえるかどうか故JA1SYW局、故JA1RGW局など夜な夜なそしてVFOなどは24時間以上電源を入れパナシにしてに周波数はどのくらいズレている?なんてよく遊んだものです。

 写真の写っている面々で上段の真ん中の一番のチビ助が私でまた私の頭から五光なるぬ五指を出している右隣は故JA1QGP局、そしてJA1ULW局、JA1GUL局、他写真写りが小さく何方か残念ながら分かりません。カメラマンはJA1NUW局です。
JA1NUWさん、それにしてもほんとに懐かしい半世紀前の写真UPありがとうございました。










 
 

この写真を見ると懐かしい。

 投稿者:JA1NUW 杵渕  投稿日:2018年 5月21日(月)21時02分23秒
  約半世紀前の永井氏の写真が出てきました。

東京生活時代のもので 永井氏のコールは JA1SMO でした。
昔の思い出が蘇ります。
 

この無線機を見ると懐かしい。

 投稿者:JA7IFT・永井  投稿日:2018年 5月13日(日)22時00分18秒
編集済
   先日、電源を改造して遊んでいる時にIC-720AS、IC-PS10、AT-100の3点セットが遊びに来たものです。
 来た理由は電源を入れると電気は入るけど送信すると家のブレーカーが落ちるというトラブル機でした。いじくり回すのは後でということで何日かそのままにしておきました。

 電源の後はTS-770が3台と部品取り用の1台、計4台が来ていました。
先ず1台目は記憶喪失の機器です。電源をいれ使用するとACコンセントを抜かない限り前回使用した周波数を記憶しているはずですが記憶できず元に戻る、つまり144MHzになります。
 全面パネルのところにはBUと書いたLEDがありこれはキチンと点灯しバックアップのSWも切り替えられている、AVR回路のBP端子の電圧は無線機の電源をいれると13.8V、切ると5.5V位デジタル回路の図面を眺めると5Vの三端子がありこれでは三端子は動作せず。

 AVRの基板を外しパターンをルーペを使いながら眺めていくとアッタ、パターンが髪の毛位の細さで断線しています、これをジャンパーし基板を据え付け電源ON、13.8V、電源OFFで8V以上出ています、こうじゃないと三端子は動作しません。
 次にVFO・Aを145MHzにセットし電源OFF、10秒くらいしてからON、表示が145.00と表示されました。これでOK。

 2台目は一番綺麗な機器ですが表示がFM・CH、FM・VFOでも145.04以下になりませんが実際は送受は145.00です。
 VFOでも145.04以下にはなりませんがエンコーダはスリップしてはいないようです。
幸い部品取り用の機器のデジタル基板は動作しているよなので一番疑いが強いデジ基板を取り換えてみることに。

 取り換え作業を終え電源ON、FM・CH及びFMでも表示は145.00と表示し送受信の周波数を確かめてみると確かに表示通りの周波数でした。

 3台目は145.00の表示が時間が経つにつれ145.01となったりします当然周波数が10KHzアップします。電源を入れ時間が経つとこの現象が出てきます。

 全面パネルにS/F(+10KHz)とスイッチがありこれと連動して点灯する赤いLEDがありますがこの表情が出た時にこの赤いLEDが点灯、消灯を繰り返しています。ここの電圧を測ると不安定でオシロで波形を見ると変なノイズが混じっています。試しにこのF/Sのスイッチのラインにすぐ傍にあった47uFの電解コンデンサーをパスコンとして入れたらこの変動は止まりましたが今度はスケルチが甘くTRを取り換え少しは改善、430MHzのは2SK125の劣化、RF回路のBラインの電解コンデンサーの容量抜け、他多々あり部品を取り換えては状態を見ながらICOMの3点セツトを眺めながらブレーカーが落ちるという電源を持ち上げたら軽いこと10W機の電源にしても軽すぎる。

 電源の上蓋を開けてビツクリ。中身はスイッチング電源であり軽いはずです。
ケースのサイズは私のIC-PS15・20Aの電源と全たく同じで型番の印刷が違うだけです。5~6Aの電源を組み込むつもりでスイッチング電源本体は迷うことなく燃えないゴミに。

 電源の容量はどの位にするか問い合わせ中、持ち主との間に入ってる局が私の35~6年位前の思い出を話したらしく、それじゃ私に頂けるというではありませんか有難く頂戴しました。

 この機器は10W機ですが35~6年位前にIC-720、PS15、AT-500、モービル用としてICー730、カップラを購入、このIC-720は周波数を変えるときのステッピングモーターの音がうるさいこと、約1年ごにIC-750が発売されすぐに機種変更ということになり現在残っているのはIC-750、PS15、AT-500だけ。他は物々交換というこで家を出ていきましたが10W機であるが35年ぶりの同機種との再会であり、早速FT-101Eには退いてもらい代わりに写真のようにIC-720ASに座って貰いました。中身のない電源のケースには100Wアンプを組み入れようと思い現在関係する部品類を収集中です。
ほんとに懐かしいIC-720さん。
 
 

電源の改造.

 投稿者:JA7IFT・永井  投稿日:2018年 5月 6日(日)10時49分48秒
編集済
   電源容量が5~5A位のDAIWAのPS-60Mという安定化電源を預かりました。
この容量ではセイゼイ10W位の無線機にしか利用できず、また何かの実験用にしか利用価値がなくただこの電源は9V~15V位の間しか可変できず9V以下では使用できず何んとかナルベかという事で預かりました。

 メーター指針がヒッカカリうまく動作せず回転軸の部分がアンバイ悪くメーターをいじくり回したところでうまくいくかどうか、また9V以下まで可変できるよう改造しなければならないが図面はなく作り変えたほうが早いということで作り替えることに。

 手持ちの電圧レギュレータ・723Bを使用しまた電源トランスなど整流回路部分はそのまま利用しました。さすが電源トランスはFBな物を使用していますね。

 夢中になり残念ながら基板系の写真の記録を残せずでした。
基板を組み上げ電圧が3.7V~20V位に変化することを確認する。

メーターはどうするかと考えた時、手持ちにフルスケール15Vの電圧計がありこれを利用することに。この電圧計にはパネル面に少しデッパリがあり電源本体のパネルを少し削れば電圧計がスッキリ収まります。

 メーターが本体に収まるようにヤスリで慎重にギーコ、ギーコと延々と30分位の作業で綺麗に収まりました。綺麗な電源ですので傷をつけずどうしたらメーターを固定できるか考えたあげくパーツBOXにFT101に使用されていたメーターの止め金具が丁度ピッタシ、これを利用加工しメーター本体を固定することに。

 次に電圧計の改造です。この電圧計の内部抵抗は15KΩ、15Vを加えたときメーター本体1mAの電流が流れ指示値が15Vと印刷されているのでそれを読むだけの話しであるが元々は1mAの電流計であり、これに15KΩの抵抗が直列に接続されているだけなので分解しこの抵抗を取り除き電流計としても利用するであわせてレタリングをした。

 電圧と電流の切り替えスイッチ部分は付属しているスイッチは利用できないので写真のような加工となりました。
 電圧の検出部分は10KΩの抵抗に10KΩの可変抵抗器を直列に。電流を検出する分流器は
このメーターを一杯に振らすためには100mV位のの電圧が必要であり0.1Ω3Wの酸化被膜対抗に並列に1KΩの可変抵抗器を入れ検出している。

 ただ最大指示値が3Aにしてあるので3A流れたときに0.3Vの電圧降下があるので分流器のあとに電圧検出部を入れると指示値に降下分の変化が現れるので私は分流器の前に入れた。
また電圧指示値は最大15Vなので電圧可変抵抗器のアース側に5KΩの可変抵抗器を入れ最大で約16Vになるよう調整してあり写真のような最大指示値が3Aの安定化電源が出来上がりました。実験用だから十分すぎるでしょう。

 なお負荷は6Ω20Wの抵抗器を利用し6V、12Vの電圧を加えたときの電流値であり電圧、電流はデジタルテスターの値にそれぞれ合わせてある。
電圧の可変範囲は3.7V~16Vである。

小容量の電源が寝ていたらこんなものでも製作してみてはいかがでしょうか。








 

ある日突然に。-3・END

 投稿者:JA7IFT・永井  投稿日:2018年 4月26日(木)22時26分33秒
編集済
   上の写真はー6V回路の取り換えたツエナダイオード、電解コンデンサ100uF、47uFである。
 Sメーターの振れは良くなったがAGCがFASTでもSLOWでも振りかたが同じでありAGS回路の1uFのコンデンサを取り換えてみても全たく変化なしでした。

 きちんとケースなどネジ止めする前にAGCをFAST、SLOW確認すれば良かったが気持ちがはやり度忘れしたようである。

 このAGCを確認するためにまたせっかくネジ止めした上蓋をはずしIF回路のRFG端子とAGS端子の電圧を測定するがFASTからSLOWに変えても変化なく図面をみるとAGC・スイッチをSLOWにするとRFG端子とAGS端子がつながるだけであり試しにRFG端子とAGS端子を直結してみるとSメーターの振れに変化がある。

 エッーーーー、AGC切り替えスイッチまでの間のリード線の断線?かどうか確認するためにはAGCの切り替えスイッチを引き出さなくてはならず全面パネルをはずす大仕事となる。

 全面パネルをはずしAGC切り替えスイッチを引き出しスイッチ入力までの断線を確認するが
異常なくAGCスイッチをSLOW側にしてもスイッチ出力には導通なく切り替えスイッチの不良を確認したまたま部品取り用の機器から外したスイッチが手持ちにありこれに取り換えることにより一件落着となりました。まさか切り替えスイッチが不良とは夢にも思っておりませんでした。

 上蓋をする前にSメーターの振れをFAST、SLOWで確認しさらにAGCアンプ、Sメ-ター回路のTRをそれぞれ取り換えているので再度、SSGから40dbuの入力を加えSメーターの振れがS9になるよう調整しTS-520Xとの格闘はこれで何んとか終わったのである。

 そのご何回か試験運用しましたがVY・FBでした。END









 

ある日突然に。-2

 投稿者:JA7IFT・永井  投稿日:2018年 4月25日(水)22時10分30秒
   IF基板のTR、D、Cなどを交換するにも基板が写真のように斜めにしかできませんので作業が少ししずらいです。また何回も基板を動かしてるうちにラツピング線が断線したりするので作業する時は要注意かも知れません。

 このトラブルはAGCアンプしか頭になく数日間この部分だけに集中し遊んでおりました。
あとはドコダベと考えながらまいな何気なしに回路図の-6Vラインをおいかけていくと何んとFIX・AVRの-6Vの出力端子にたどり着いたではありませんか。エエエーーーーー

 なんとここにこの-6V回路があったんだ。AGC回路ばかりに夢中になっていたから他が見えなくなっていたんですね。

 早速、1965年生の真空管電圧計で電圧測定、-3Vである、ここに6.1V0.5Wのツエナダイオードが入っているので6.1V前後の電圧がでなくてはならないが-3Vである。

 このトランスの出力側の電圧は6Vであり整流回路のダイオードも合わせて点検するが異常はないようだ、あと疑うのは6.1Vのツエナダイオードであるが手持ちには6.1Vはなく6.2Vのツエナダイオードがあるのでそれに交換することに、またこれに合わせて電解コンデンサ、100uF、47uFをも交換しはやる気持ちを抑え電源ON、-6V端子の出力電圧は-6.4VでありAGCスイッチをOFFからFASTに切り替えると振り切っていたSメーターがゼロに戻った、6.1Vのツエナダイオードが劣化していたんですね。

 はやる気持ちを抑えきれず基板などのネジを締めそしてケースなどもネジ止めしアンテナを接続し7MHzで電源ON、Sメーターは気持ちよくビンビンと振れる、AGCをFASTからSLOWにしてもSメーターの振れ方は同じ、何か変だぞ。少し様子をみることに。
つづく。





 
 

ある日突然に。-1

 投稿者:JA7IFT・永井  投稿日:2018年 4月24日(火)16時43分36秒
編集済
   DG-5の表示が欠けるのが収まり安定しているのでそろそろ持ち主に返そうか思い最後のテストとしてTS-520Xの電源を入れた途端にSメーターが振り切り受信ができません。電源SWを入れては切るを何回かやってかみても同じ状態です。

 AGCアンプでも壊れたかなと思いながらスーパーで拡大コピーしてきた図面を眺めながら部品を眺めるとTR等は手持ちにあるのでAGCアンプのQ5、Q6を取り換えてみることに。

 何んとかQ5、Q6・2SC733を取り換えてみるが変わらずSメーターは振り切れたままです。

 次にSメーター回路、Q7・2SK19、Q8・2SA495を取り換えるとAGCをOFFではSメーターの振れはゼロ、AGCをFASTにするとまた振れきれてしまう。

 AGCをOFFの状態でSSGから信号を入れヘッドホンで聴くとかなり弱い信号でも受信しているのでやはりAGC回路かということで集中的に点検するが。

IF基板の各端子電圧を測ると
       AGC電圧はAGC・OFFで 3.4V、FAST・-1.2V
       AGO電圧         -2.8V      -3V
       RFG電圧          2.6V      -2V
       COM電圧          3.5V       3.4V
       AGS電圧          2.3V      -2V
       AGL電圧          3.2V      -1.2V
       -6V電圧         -3V        -3V
 修理を手慣れたアマチュア局はこの各端子の電圧数値をみるとまだあそこ点検していないな、と、分かるかも知れません。

 私は2~3日間位はこのAGC・AMP回路とにらめっこしてはトランジスタを取り換えた時の半田付けを再度確認しながらさらにダイオードとかを点検していましたが異常はなくあとは何処だろうと悩みそして楽しんでおりました。つづく。






 

半世紀ぶりにつながった!

 投稿者:ja1wow  投稿日:2018年 4月22日(日)06時51分12秒
  JA1SMO局!永井さんほんとご健在のようで、、。FL50はJA1WUW局 高輪の江口さんだと思う。当時 近所だったJA1WOA局、白金の山本さんは和文専門ですね。似たようなコールサインがたくさんいました。あれから人生いろんなことがりましたが白金で開局したJA1WOW局免は一生涯使おうと思ってます。現在埼玉の松伏町で100W、QRVしてます。
またお空でお会いするのを楽しみしてます。
 

千葉に転勤されたようで。

 投稿者:JA7IFT・永井  投稿日:2018年 4月17日(火)23時02分37秒
  TO JO7LIQ

暫くです。今度は千葉に転勤されたようで大変ですね、ご苦労様です。

 大湊に結講長い期間勤務されていたんすね。ご実家が近かったんでそれなり良かったかなと思いましたが今度は千葉と言うことで残念ながら今度は大湊のようにはいきませんね。

 そうですか弟さんがお亡くなりになられたようで大変でしたね。多分お空で2~3回お会いしてるその方と思いますが。
 残念です、心からお悔やみ申し上げます。

 千葉の方は下北半島とはまた違う気候とは思いますが是非、お体を十分に労りそしてご家族を敬愛し、日本国民の平和と安全のためにご尽力いただけたらと思います。
 お元気でお仕事頑張ってください。
                時々できる範囲で書き込んで様子をお知らせください。
From JA7IFT
 

エッーーーーホント?

 投稿者:JA7IFT・永井  投稿日:2018年 4月17日(火)22時18分51秒
   エッーーーーーホント? JA1WOW、記憶に間違いなければ彼だ。
QRAを調べるためにすぐに総務省の無線局免許情報を開いてもQRA(名前)は載っていなし手持ちの2011年の古いJARLのコールブックを観ると載ってるじゃないですかJA1WOW局が。

お元気でなによりです。

やはり記憶にある名前、間違いなく今井君だ、本当に懐かしい半世紀ぶりでしょうか。

時々ヤフオクあたりでFL-50の送信機の写真をみると約50年前のことを思い出しこのFLー50を譲って頂いたことを思い出しそして懐かしんでおります。

 譲って頂いたFL-50でしたがSSBではあまりオンエアーせず電信ばかりで遊んでいたのを思い出しております。

 この時期、電信の和文の覚えたてのころよく呼んでくれたのが記憶に間違えなければJA1WOA。

 この局は記憶とは違う局かもしれませんが当直明けで八戸から下北半島の家に帰る2時間半のドライブでよく電信で聴いておりました。この時よく今井君のコールはなんだったけ、似たようなコールだとよく思っておりましたがこれでハッキリしました。

 帰郷してからは漁業無線の世界に入りご苦労様でしたと言われこの世界から去ったのは3年前です。現在は暇つぶしでローカル局から古い機器を預かりそして格闘し遊んでおります。

 ほんとうに懐かしい、ありがとうございました。時々書き込んでください。
それじゃお元気でお体をご自愛ください。
                    JA7IFT exJA1SMO







 
 

レンタル掲示板
/64