teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
  2. 闇怪盗ロワイヤルのご案内(0)
  3. 裏怪盗ロワイヤル(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


上野英信展

 投稿者:ひわき  投稿日:2017年11月14日(火)15時39分53秒
編集済
  馬の骨さん、書き込みをありがとうございます。
みなさんへも紹介いたします。福岡市文学館の企画展については馬の骨さんの書き込みのとおりです。
記録作家、上野英信さんは京都大学中退後、学歴を偽って筑豊の炭坑にはいります。そこで労働者自らによる文化運動を興します。労働者の作品を掲載する「サークル村」を発行。ご自身の執筆だけでなく、石牟礼道子さんの『苦海浄土』を世に出すなど書くことで社会に訴える人たちを支援されました。
今回の企画展はまだ見てなくて図録(文末の画像)だけですが、豊富で判りやすく整理された資料や上野英信さんの思想についての論説など、とても完成度の高い内容です。
ゆっくり時間を取って、企画展に行こうと思います。
私の寄稿は奥様の晴子さんについて書きました。その著書『キジバトの記』(海鳥社・1998)は私にとって大切な1冊です。

http://www.geocities.jp/hiwaki1/doujin/douindexF.htm

 
 

「晴子さんという生き方」

 投稿者:馬の骨  投稿日:2017年11月13日(月)11時31分5秒
   樋脇さん、「毎日新聞(西部本社版)」への寄稿「晴子さんという生き方」(11.12)を、読ませていただきました。
 以下の「上野英信展」にあわせた、タイムリーな掲載に感謝します。
 内容も、英信展「図録」掲載の「晴子さんのこと」と重ならず、興味ふかく、かつ楽しく拝読しました。追悼文を「楽しく」というのは、いささか不謹慎でしょうが、「腹水」の話など、笑うほかありません。晴子さんならではの話しぶりが思い出されます。21年前のお二人のツーショット写真も、初めて見ました。
 全国版でないのが、残念!

 福岡市文学館「上野英信展―闇の声をきざむ」
 日時 2017年11月10日~12月17日
 第1会場は福岡市総合図書館1階ギャラリー 第2会場は福岡市文学館(赤煉瓦文化館)
 いつもながら、会場が早良区百道浜と中央区天神と離れているが、ご容赦を。
 イベントは時間順に、紹介する。
11月16日(木曜)午後6時半~8時 赤煉瓦夜話「筑豊文庫の日々」(上野朱) 会場は赤煉瓦館ではなく、アジア美術館8階あじびホール(博多区下川端町)
11月23日(木曜・祝日)午後2時~4時 講演会「上野英信と沖縄」(三木健) 総合図書館3階会議室
11月29日(水曜)・12月5日(火曜)午後7時~8時半 読書講座『地の底の笑い話』(岩波新書) 赤煉瓦文化館2階会議室
12月9日(土曜)午後3時~5時 講演会「私は神ではない、怨霊だ」(川原一之) 総合図書館3階会議室
 すべて入場無料だが、一部事前予約が必要。
 

同人誌評

 投稿者:ひわき  投稿日:2017年11月11日(土)14時42分49秒
  「週刊読書人」第3213号(2017年11月03日)「文芸同人誌評」白川正芳氏筆
阿曽十喜「詩撰集 五編 中間被災地記録」、犬童加津代「運動会」(「海峡派」140号)、「ずいひつ遍路宿」215号より高島緑「柿の木」
桑原文明「吉村昭試論39 法意識」(「吉村昭研究」第39号)、東喜啓「たんぽぽ」(「民主文学」10月号)、榎並椈水「四季 有情」(「安芸文学」86号)、山田美枝子「許されざる者」(「まくた」292号)、堀康治「アンテナ暴走」(「雑木林」22号)、「北村くにこ特集」(「人間像」187号)

馬の骨さん、いつものご協力に感謝。

http://www.geocities.jp/hiwaki1/doujin/douindexF.htm

 

受贈御礼

 投稿者:ひわき  投稿日:2017年11月 5日(日)15時59分0秒
  紹介する2誌を戴き、ありがとうございます。

●「龍舌蘭」194号(宮崎市学園木花台南)は小説2編と詩を掲載。「あとがき」(岡林さん筆)に合評会のことが書かれています。同人以外のご参加もあり、「詩作の現場や小説の醍醐味について」のお話を聞かれたそうです。同人誌について「おなじところで、ずっとものを書き続けていると、自分の成長が見えてくる時がある」との言葉が紹介されています。前作と比較してもらえるのも利点ですね。

●「八月の群れ」Vol.65(兵庫県明石市)は5作品と、追悼「竹内和夫先生」を掲載。追悼文とともに竹内和夫さんの略歴も紹介されています。これまで「姫路文学」、「酩酊船」、「VIKING」、「八月の群れ」などで作品を発表され、大阪文学学校チューターや朝日カルチャーセンター講師、神戸新聞読者文芸選者を務められました。また選考委員として関わられたのは小島輝正文学賞、神戸ナビール文学賞、神戸エルマール文学賞などです。特筆したいのは、神戸新聞の同人誌評を17年にわたり続けられました。その功績の大きさを思いながら、ご冥福をお祈りいたします。

http://www.geocities.jp/hiwaki1/doujin/douindexF.htm

 

深謝です

 投稿者:右田洋一郎  投稿日:2017年11月 4日(土)10時26分40秒
  詩と眞實ご紹介いただきありがとうございます。

同人57人、会員30人ですが、
最近、高齢化の影響顕著で、減少傾向にあります。
今日は、午後3時から編集委員会議に行ってきます。
 

受贈御礼

 投稿者:ひわき  投稿日:2017年11月 3日(金)14時21分25秒
  紹介する3誌を戴き、ありがとうございます。

●「筑紫山脈」第31号(福岡県春日市)は小説3編と短歌、詩、エッセー等を掲載。大国留美子さんの表紙絵は、すっかり秋の装いです。ほんの3枚の落葉の微妙な色合いに秋を感じます。イラストは風情あるタッチで描かれた秋の七草。紹介ページを更新しましたので、ご確認ください。

●「詩と眞實」No.821(熊本市南区)は小説1編と詩、随筆を掲載。今号で初めて随筆を発表された方に加えて、新しく会員に加入された方が1名。よかったですね。

●「ぱさーじゅpassage」第37号(大阪市北区)は13作品を掲載。連絡先が京都府八幡市の編集発行人に変わりました。同誌では同人を募集しています。難波市民学習センターにて12月10日に合評会がもたれます。興味のある方は紹介ページの連絡先へご一報ください。

http://www.geocities.jp/hiwaki1/doujin/douindexF.htm

 

同人誌評

 投稿者:ひわき  投稿日:2017年11月 3日(金)10時36分46秒
  「西日本新聞」2017年10月28日(土)朝刊「西日本文学展望」茶園梨加氏筆
題「生き方と死に方」
宮脇永子さん「三途(さんず)の川はどごですか」(「南風」42号、福岡市)、白石すみほさん「花かんざし」(「ふたり」18号、佐賀県唐津市)
まえだかずきさん「伝説のメモ帳」(「詩と眞實」820号、熊本市)、紺野夏子さん「ウエーブ」(「南風」42号、福岡市)

http://www.geocities.jp/hiwaki1/doujin/douindexF.htm

 

同人誌評

 投稿者:ひわき  投稿日:2017年10月31日(火)09時05分22秒
  2017年10月30日 (月)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

同人誌評「図書新聞」(11月4日)評者・志村有弘氏
豊岡靖子の「藤原の息女・光明子」(あべの文学第25号)が労作。
萩原有記の王朝小説「於才ときね」(狼第70号)が心優しい王朝絵巻。佳作。
逆井三三の歴史小説「戦わざる日々」(遠近第64号)が力作。
曽根登美子の「夕陽を追いかけて」(法螺第75号)が、ひとりの女性の波乱に満ちた半生を綴る。早いテンポの文体のせいか、荒削りな感じもするが、心に残る作品だ。
白河葉の「不思議猫」(ペン第12号)の主人公は、動物を拾ってきては飼育し、希望者にあげている小学生の優。ミステリー風な少年小説の感も。
エッセイでは、秋田稔の「探偵随想」第128号に年輪の凄さ。江戸川乱歩の「奇譚」翻刻のことや、通勤の友として乱歩の市民文庫『心理試験』(河出書房、昭和二十六年刊)を持ち歩き、今はカバーも取れて裸となっているという乱歩病(?)が示される。ーー他。(相模女子大学名誉教授)

http://www.geocities.jp/hiwaki1/doujin/douindexF.htm

 

同人誌評

 投稿者:ひわき  投稿日:2017年10月29日(日)16時11分55秒
  10月28日 (土)付、「文芸同志会通信」http://bungei.cocolog-nifty.com/より転載いたします。

同人雑誌季評「季刊文科」72号(2017・10・22)
《対象作品》下平尾哲「積乱雲」(「くれす」第12号・京都市)/住田真理子「杭を立てるひと」(「あるかいど」61号。大阪市)/奥田寿子「楓」同)/葉山ほずみ「ホームタウン」(「八月の群れ」VOL・64。兵庫県)/耽羅澤楮「浜風に澱む」(「てくる」21号・滋賀県)/水無月うらら「君は檸檬が読めない」(「mon」VOL・10。大阪市)/猿川西瓜「ミドルエイジ」(「イングルヌック」第3号・大阪市)/後藤髙志「シーズン・シート」(「カム」VOL・14。高槻市)/塚田遼「It’sa Sexual World-2-」(「孤帆」28号・川崎市)/とおやまりょうこ「編集後記」同)/大牧裕子「トルコマーチ」(「北陸文学)第81号・金沢市」/松宮信夫「ある映画俳優の回想録」(「樹林」vol・639.大阪市)。

http://www.geocities.jp/hiwaki1/doujin/douindexF.htm

 

新刊紹介ありがとうございます!

 投稿者:mon飯田  投稿日:2017年10月27日(金)10時57分12秒
  ひわきさん、いつも新刊の紹介ありがとうございます。
メンバーがほとんど30代なので、どうしても仕事に育児にと余裕ないですね。
でも今回は最も仕事が忙しいであろうメンバーが現実逃避(?)に長いの書いてます(笑)
時間があるから書ける、無いから書けないというものでもないですね。私も言い訳せずせっせと書こうと思います。
 

レンタル掲示板
/216